特支教育への深い造詣

一般教員でも使える

コミュニケーション支援教材

特別支援教育のパートナー

弊社では、1999年の総務省文科省連携学校インターネット事業への提案・参画から本格的に特別支援教育でのICTの利活用にかかわってまいりました。
当時から専門の教員以外でも活用できる教材を意識しておりましたが、昨今では文部科学省もインクルーシブ教育という理念の本格的な推進を図りつつも発達や障害への支援を模索している状況です。
ICT支援教材活用により認知処理の偏り等を補い、注意力や集中力を高め、学習に関する困難さを改善するために支援します。ゲーム感覚で学びの楽しさや治療教育的プログラムで基礎基本を獲得します。

「ペアさがし」(視覚―運動)

指定された具体物の絵と、一番関係性の深い具体物の絵を3つの選択肢の中から選ぶ、というものです。選択した2つ物の関係性を理解し、どういう関係かを説明することをねらいとしています。

 

ペアさがし
「順番を考えてみよう」(起承転結)

身近な事柄をテーマとした4コマ漫画が、はじめは順番が違っている状態で表示されます。それを、原因と結果という関係を理解し、時間的な経過に沿って、配列し直す、というものです。 自分で配列した一連のカードを見ながら、話の流れを順序たてで説明することをねらいとしています。

順番を考えてみよう
SSTソーシャルスキルトレーニング
SST

社会生活への適応や対人関係など生きてくための必要なスキルをICT支援教材で学びます。

パッケージ版から
Web版へ開発中です
WEB版開発中
不登校のあなたへ
ーカウンセリングシュミレーションー

ある日、学校へ登校ができなくなった児童生徒用にカウンセリングしながらシミュレーションし支援します。

カスタマイズから新規作成まで

特別な支援向けの教材は、どうしても汎用教材では対応できないケースもございます。
既存のコンテンツのカスタマイズから、専用の教材の新規作成まで、弊社ではプロジェクト教育の杜と連携し、特別支援の専門家による相談にも応じております。
気軽にお問い合わせください。

http://swt.life.coocan.jp/
連絡先:e-mail : klasse@mbk.nfty.com (小野)

カタログ・チラシダウンロード
資料請求・問い合わせ